前へ
次へ

何度も書いて暗記しようとしても覚えられない

お寺などに行くと写経が出来たりします。
教本がありそれを見て書けばいいので、内容を知らなくても問題ありません。
僧侶が修行の一環として行うことが多いようですが、一般の人は単に写すだけで終わってしまい書いた内容などは忘れてしまうでしょう。
一応書店などにも写経用のノートなどが売られているので自分でしても良いでしょうが、ただ書いているだけでは内容を覚えることはできません。
やはり意味などを理解しながら書いた方が良いのでしょう。
何かを覚えたいときの暗記方法としてひたすら書き続けることが挙げられていてそれを実践する人もいるようです。
上手く覚えられる人もいれば全く覚えられず時間の無駄と感じる人もいるようです。
書いて暗記をするときに効率を上げようとするなら何らかの形で一旦頭に入れると良いでしょう。
ただ覚える内容を左に置いてそれを見ながら書いても覚えられません。
一旦覚えた後にそれを閉じ、頭の中に覚えた内容を浮かべながら書く作業を続けると頭に入りやすくなります。

Page Top