前へ
次へ

効果の上がる暗記術とは

ただ単に丸暗記する方法は単純暗記と呼ばれています。
ノルマを決めて1日何十個を覚えると言う方法です。
しかしこのような方法は単純暗記には向きません。
しっかりと覚えることが目的なら集中力が必要です。
取り組み方は可能な限り覚えると言う方法で、集中して実行し時間を設定します。
この学習法に適した時間帯は通学時や休憩時間などが最適です。
また学校の授業時間も有効活用が可能です。
授業中の話をしっかりと聞いて記憶の軸を作ることが大切です。
記憶を残すための3段階復習法も大切です。
折角覚えたことは絶対忘れないと言う意識を持つことです。
人間は入力して貯蔵そして出力と言う流れが、脳による記憶の3段階のメカニズムと言えます。
使える知識として定着するときはこのメカニズムが上手に連携したときです。
重要では無いと判断された更新されない情報は脳内で消去されてしまいます。
脳に重要な情報だと認識させることが重要で覚えたら1日以内の復習で、翌朝再度チェックして1ヶ月以内に再び復習を繰り返します。

Page Top